イベントイメージ

老舗酒造メーカー「八海醸造」の取り組む、データ経営時代のDX化ノウハウをお伝えします。

コロナにより、さらにオンライン化が進むデータ経営時代では、経営手法もこれまで通りにはいかなくなる場面が増えてきました。

しかしながら、どのように変化させるのがいいのかお悩みではありませんか?

本セミナーでは、創立100周年を迎える老舗酒造メーカー、八海醸造グループの経営企画室長亀田尚樹氏をお招きして、経営企画室DX化の取り組みをはじめた八海醸造の、創立100周年へ向けた経営体制の構築の施策についてお話しいただきます。

イベント概要

タイトル
老舗酒造メーカー「八海醸造」が語る、データ経営時代と創立100周年へ向けた展望
開催日程
2022年01月12日(水)16:00〜17:00
開催場所
オンラインウェビナー zoom開催
料金
無料
参加者数
先着100社

※法人のお客様限定のセミナーとなります

登壇者プロフィール

八海醸造グループ 経営企画室長亀田 尚樹

法政大学を卒業後に、食品総合商社の三菱食品株式会社、個人事業主を経て2020年度より、地域企業・ブランド・日本の伝統産業・新規事業に携わりたいと考え、八海醸造グループに入社。
一般的に保守的なイメージを持たれる酒蔵でありながら、当社は多角な事業を展開し、今後幾つもの新規事業の展開を構想する中で、同時に財務・人事・事業等の基盤整備や構築が必要であると考え、グループ内でのIT化・仕組み化を率先して実行する。

エキサイト株式会社 執行役員大熊 勇樹

クラウドサーカス社の統括マネージャーを経てギブリー社に入社。執行役員として新規事業の立ち上げに従事。チャットボットサービスのSYNALIOでは、立ち上げから40名規模まで責任者としてグロースに貢献。
その後、エキサイトへ執行役員として入社。当社初のBtoB事業であるSaaS事業部の創設を担い、1年半で4プロダクトの立ち上げを主導する。

プログラム

15:50
オンラインセミナー受付開始
16:00
  • 第一部

    データ経営を推進するためのツール導入の経緯

  • 第二部

    社内でのDX化を推進するための現状の取り組みと施策

  • 第三部

    創立100周年を迎える八海醸造の今後の展望

このイベントは終了しました