イベントイメージ

成果に繋がるインハウスと外注ベンダーの使い分けをお伝えします。

昨今のマーケティング需要の高まりにより、社内に一定のスキルやノウハウをお持ちの企業様は増えています。一方で、「Google以外の広告運用には手が回らない」「コンテンツ発信が成果につながらない」など、BtoBマーケティング組織のリソースや、スキルの課題は多く耳にします。コロナ禍によるリードタイムの長期化やCPAの高騰で、より課題が顕著になり「内製か、外注か」「外注ベンダーを使うならどのように社内と棲み分けし、活用するのが良いのか?」などと悩まれる企業様も少なくありません。

そこで、本ウェビナーでは、上流のマーケティング戦略から下流の配信コンテンツ設計までの「インハウスマーケティング」と「外注ベンダー」それぞれの特徴と使い分けを解説し、理想のインハウス運用体制や、外注の上手な活用方法など幅広くお話しします。

イベント概要

タイトル
成功するマーケターが実践する"外注業者との取り組み例"
開催日程
2022年6月15日(水)16:00〜17:00
開催場所
オンラインウェビナー zoom開催
料金
無料
参加者数
先着100社

※法人のお客様限定のセミナーとなります

登壇者プロフィール

ソウルドアウト株式会社 マーケティングカンパニー 執行役員COO浅見 剛

アパレルメーカーを経て、2008年に株式会社オプトへ入社。2010年に同グループよりソウルドアウト株式会社の立ち上げに参画。
営業、メディア、新規事業部門の本部長を歴任し、2021年4月より現職。

エキサイト株式会社 執行役員大熊 勇樹

クラウドサーカス社の統括マネージャーを経てギブリー社に入社。執行役員として新規事業の立ち上げに従事。チャットボットサービスのSYNALIOでは、立ち上げから40名規模まで責任者としてグロースに貢献。
その後、エキサイトへ執行役員として入社。当社初のBtoB事業であるSaaS事業部の創設を担い、1年半で4プロダクトの立ち上げを主導する。

このイベントは終了しました